院長 ごあいさつ

内村 英輝(うちむら ひでき)

皆さま、こんにちは。

院長の内村英輝です。

大河ドラマ「西郷どん」の鹿児島で生まれ、桜島の火山灰を18年間浴びながら自然の中でたくましく育ちました。地元のラ・サール高校卒業後は慶応義塾大学医学部に進学し、その後は慶応病院、平塚市民病院、東京医療センターはじめ複数の関連病院で厳しいトレーニングを積んできました。

慶応医学部の腎臓内分泌代謝内科に在籍中は猿田 享男教授のご指導のもと、腎炎の研究にて医学博士号を取得。その後も日本内科学会認定の総合内科専門医、日本腎臓学会の腎臓専門医などを取得し、前職までの20年あまり、糖尿病、高血圧、高脂血症、腎疾患をはじめとした生活習慣病を中心に、幅広い内科疾患の治療に従事してきました。

このたび皆さまのお力にて母校の慶応大学日吉キャンパスの隣で開業することができました。今まで体得した専門的知識、技術を広く世の中に還元するべく、少しでも患者さんのためになりたい、と医学を志した初心に戻り、強い決意を新たにしています。

患者さんの治療にあたっては、臓器を診ることにとどまらず、心を含む「全身を診る」、という、伝統の慶応医学を実践します。

透析の患者さんに関しては特に、画一的にならないよう、患者さんごとのオーダーメードの治療を心がけます。

すなわち、各々の患者さんにより、治療の内容、時間、スケジュールを含め、患者さんの体質、日常生活のご事情に応じて、柔軟な治療、対応をいたします。
お気軽にご相談ください。

世の中のテクノロジーと同様、医学も日々進歩、変化しています。

昨日までの常識が非常識になる時代です。

院長の私のみならずスタッフ全員が、「医学は患者さんのための生涯学習」という熱意を持ち、高度できめ細やかな医療を提供できるよう、日々の努力を粘り強く続けます。

特に、食事を含めた日常生活については、イキイキとした毎日を過ごせるよう、あれダメこれダメ、の厳しいだけのものでなく、できるだけ患者さんの自由度を高くできるよう、さまざまな工夫を行います。

透析領域に関しては、血液透析のみならず、腹膜透析、そしてまた、腎移植をご希望される患者さんには、専門の医療機関への紹介も行います。

また、入院が必要な場合は高度医療機関への速やかな紹介も行います。

母校の慶応病院はもちろん、関東労災病院、済生会横浜市東部病院、横浜労災病院、菊名記念病院、川崎市立井田病院、川崎市立川崎病院、日本医大武蔵小杉病院、虎の門病院分院、済生会神奈川県病院、横浜市民病院、けいゆう病院、昭和大学横浜市北部病院、横浜市立みなと赤十字病院などと緊密な連携をとります。

患者さん、ご家族を笑顔にするのが私どもの最大の使命です。

どうぞよろしくお願いいたします。

2019年11月吉日
内村内科・腎クリニック 院長
内村英輝

【プロフィール】

1970年 鹿児島市生まれ
1989年 ラ・サール高等学校卒業
1997年 慶應義塾大学医学部卒業
2002年 慶應義塾大学医学部
腎臓内分泌代謝内科学教室へ入局
2006年 平塚市民病院内科医長
2010年 菊名記念クリニック院長
2019年 内村内科・腎クリニック院長

【資格】

  • 日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
  • 日本腎臓学会認定専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 医学博士

【所属学会】

  • 日本内科学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本透析医学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本内分泌学会

【専門分野】

  • 腎臓病・高血圧・糖尿病・内分泌・生活習慣病

理念・沿革

理念
Sorriso e Sano
たゆまぬ努力で笑顔と元気を提供します

沿革

2019年 内村内科・腎クリニック開設

病院概要

内村内科・腎クリニック

【診療科目】

内科・人工透析内科・腎臓内科・糖尿病内科

院長はじめ当院医師は英語での診察が可能です。

【所在地】

〒223-0061
神奈川県横浜市港北区日吉5-13-4

【電話番号】

045-534-3334

【FAX】

045-534-3317

設備紹介

  • 個室あり
  • 各ベッド各リクライニングチェアにアーム付きシャープ製TVあり
  • フリーWi-Fiあり
  • 透析患者さん用食事室あり(治療食の注文もできます)
  • バーチャルスカイライトあり