新患の方へ

1事前連絡

他院で透析を受けられている方や透析開始(導入)となった方は、現在治療を受けられている病院より、当院へご紹介の連絡を入れていただきます。主治医の先生とスケジュールの調整を行ってください。

2オリエンテーション

ご来院当日には健康保険証・特定疾病療養受領証を、(老人医療を受けられている方は老人保健医療証・身体障害者手帳も合わせて)ご持参ください。当院での透析治療についてご説明を行わせて頂き、今後の透析スケジュールを調整致します。

3人工透析

決定したスケジュールに基づいて、当院での透析治療を開始します。

受付

1更衣

更衣室がありますので、必要な方は自由にご利用ください。貴重品は透析治療室のご自分の治療ベッド、治療リクライニングチェアまでお持ちください。

2前体重測定

透析開始前の体重を測定します。前回の透析終了からの増加体重を計算し、その日の除水量を決めます。

3人工透析

透析中は、ゆっくりとくつろいでお過ごしください。透析室には、無料で視聴できるテレビもございます。音量などは、周囲へのご配慮をお願いしております。なお透析中に気分が悪くなるなどの場合があれば、お近くの医療スタッフまでお知らせください。

4後体重測定

透析が終わりましたら、治療後の体重を測定します。透析開始時の体重からの減量分が実際の除水量となります。

生活保護受診について

当院は生活保護法指定医療機関の認定を受けております。

お住まいの地域の福祉事務所で交付された医療券をお持ちになってご来院ください。

文書料金一覧

文書名 料金(税込) 備考
診断書(標準) 3,300円 当院標準用紙

透析について

Q. 治療費はどれぐらいかかりますか?

A. 「特定疾病(長期高額疾病)にかかる特例」という制度があり、透析にかかる医療費の自己負担は医療機関ごとに入院・外来別で月1万円が上限になります。

さらに身体障害者手帳を取得し、更生医療、自治体の障害者医療費助成制度を利用することで、さらに自己負担が軽減され、ほとんどの方の窓口負担は実質ありません。